日本のスキンケアは一体どこへ向かうのか?

スキンケア

日本は美容大国で、スキンケアに関するさまざまなアプローチ方法があります。

■一般的なスキンケア

従来の一般的なスキンケア手順は以下と言われています。

1.クレンジング(メイクを落とす)

2.洗顔(クレンジング剤やその他の汚れを落とす)

3.化粧水(水分補給)

4.美容液(栄養補給)

5.乳液・クリーム(油分で閉じ込める)

■美意識が高いスキンケア

美意識が高い方はもっと工程があります。

1.スチーマー(クレンジングを落としやすくする)

2.ポイントクレンジング(ポイントメイクを落とす)

3.クレンジング

4.洗顔

5.ふき取り化粧水(洗顔で落としきれなかった汚れをふき取る)

6.導入美容液(この後のスキンケアを浸透しやすくする)

7.フェイスマスク(水分補給)

8.美容オイル・バーム(ツヤと保湿、順番によって効果が少し異なる)

9.美容液

10.アイクリーム

11.乳液・クリーム

※フェイスパックは効能によって追加されます。

※それぞれの工程に見合った美顔器を使う方も多いです。

ざっとこんな感じでしょうか。

すごいですよね。

私もモチベーションがあるときは実践していました。

それでも肌が荒れるときは荒れる、強くなるよりむしろだんだん弱くなってきたと感じていました。

それからこれは重要なんですが、とにかく面倒なので続きません笑。

■シンプルケア

やがてシンプルケアが提唱され始め、オールインワンを筆頭にこちらもいろいろな商品が出ました。

私はいまはこちら寄りで、ポイントを絞って前述の工程を取り入れています。

1.ポイントメイク落とし

2.クレンジング&洗顔

3.オールインワンジェル

以上!

■スキンケアで大事なこと3つ

シンプルケアのメリットは、とにかく「摩擦」が少ないことです。

美容トレンドは移り変わりが激しいですが、

スキンケアで大事なことは以下の3つだと解釈しています。

その1.摩擦を極力減らす

その2.紫外線から徹底的に守る

その3.とにかく保湿!できれば保水!

スポンサーリンク
スキンケア
スポンサーリンク
アメリカの大人気コスメを使ってみる